トップページWebアクセシビリティについて>WEBアクセシビリティとは
  • (社)日本Webアクセシビリティ協会
  • Japan Web Accessibility Association
  • 受付時間:平日10時~17時
  • 当ホームページはW3C勧告のWeb標準に準拠しています。
  • Valid XHTML 1.0 Transitional
  • 正当なCSSです!
ここから本文です

Webアクセシビリティとは

アクセシビリティ(accessibility)とは高齢者・障害者を含む誰もが、様々な製品や建物やサービスなどを支障なく利用できるかどうか、あるいはその度合いを表す言葉です。

Webアクセシビリティとは、主に高齢者や障害者など身体に障害や不自由のあるWeb利用者に配慮したホームページなどのWebサービスを提供し、アクセスした誰もが容易に情報を共有できる状態にあることをいいます。

Webアクセシビリティは2000年5月の総務省指針の発表をきっかけに、官公庁・自治体など多くの公共機関のホームページで取り組みが始められました そして2004年6月21日にWebアクセシビリティを規定した日本工業規格(JIS) JISX8341-3が交付され官公庁・自治体のみならずWebアクセシビリティへの注目は高まり、今後アクセシビリティに対応したWEBサイト制作が大きく求められる事になりました。

Webアクセシビリティの規格化

Webは、日常的な情報の受発信の手段として多くの人々に利用されるようになり、高齢者や障害者の方々にとっても、欠かすことができないものです。そのため、高齢者・障害者への配慮指針を示すことを目的として、主に高齢者、障害者の方がWEBを利用するときのアクセシビリティを確保・向上できるよう、2004年6月20日、WEB制作者が配慮すべき事項についてJIS X 8341-3:2004「高齢者・障害者等配慮設計指針-情報通信における機器,ソフトウェア及びサービス-第3部:ウェブコンテンツ」が制定されました。

アクセシビリティとユーザビリティ

アクセシビリティとは、「近づきやすさ」のことを言います。どれだけ多くの人がWEBサイトに対してアクセスしやすいか、必要な情報を受発信できるかの度合いを示します。ユーザビリティとは、「使いやすさ」のことを言います。ある目的に対して、利用者がどれだけストレスを感じずに達成できるかの度合いを示します。


Webアクセシビリティ確保の必要性

文字が見えにくいと感じる方へ

何らかの事情によって情報やサービスを受けることが困難な場合は、コンピュータに標準で搭載されている機能を活用することによって、使いやすさを向上することができます。

パソコンの操作やWebサイトの利用をする上で、文字のサイズが小さくて見えづらかったり 「疾患」などによってキーボード操作を行うことが困難であったえいする場合は、以下のページをご確認ください。

また、 ご利用者の特性に合わせたパソコンの環境に設定する上で何かご不明な点などがございましたら、日本Webアクセシビリティ協会事務局までお気軽にお問合せください。

当ホームページの文字サイズと配色の変更

当ホームページでは アクセシビリティの確保に向けて、Web標準への準拠および通常のホームページ表示方法の他「アシスト版」「テキスト版」「モバイル版」の3つの表示方法をご選択いただけます。

これらの表示方法では、利用者の特性に合わせて文字サイズや配色の変更を行うことができ、様々なインターネット環境や通信速度、音声ブラウザへの対応を考慮しています。以下より、お好みの表示方法で当ホームページをご利用いただけます。

『利用者の特性に合わせたページ表示』の設置・導入をご検討中の企業・団体様は、Webアクセシビリティ確保支援をご確認ください。