• (社)日本Webアクセシビリティ協会
  • Japan Web Accessibility Association
  • 受付時間:平日10時~17時
  • 当ホームページはW3C勧告のWeb標準に準拠しています。
  • Valid XHTML 1.0 Transitional
  • 正当なCSSです!
ここから本文です

Web標準とは

Web標準とは、W3Cという団体が勧告しているWeb関連の規格のことです。

W3C(World Wide Web Consortium)は、インターネット上で利用される技術の世界標準化と相互伝達の普遍性を目的として、 米国MIT(マサチューセッツ工科大学)、フランスのINRIA(国立情報処理自動化研究所)、日本の慶應義塾大学等が中心に運営している団体です。

インターネット上でホームページを公開するためには、Wordなどで作成した文書をそのまま利用することは不便が生じます。そのため、ホームページとしての文書を記述するための専用の言語を使用する必要があります。その専用の言語として一般的に使用されているのがHTMLやCSSです。この画面上で右クリックから「ソースの表示」を選択することによって、このページのHTMLをご覧いただくことができます。

この言語やホームページのデザインを構成するCSSなどの記述の仕方をW3Cが規格化した技術仕様をWeb標準といいます。

誰もが支障なく公平に利用できるWeb環境を実現するために、Web標準に準拠してWebページを制作することが肝要です。


Web標準に準拠するメリット